ホームページへ

EDの症状について

勃起不全(ED)と性機能障害(SD)は似て非なるものということをまず理解しましょう。そのうえで、EDであるかそうでないかを判断し、何がEDの原因になっているかを医者に行くなり誰かに相談するなり、自分で調べるなりしたのちに、適切な治療を受けることか、適切なED治療薬をご利用することがEDの症状の改善につながります。

EDの症状の厄介なところは、EDの原因が多岐にわたりそれが本当にEDと呼べるのかどうか、自分はおろか医者でも判断しにくい点です。判断のしにくさが悩みのタネとなり、それが精神的なダメージを蓄積させて「本当に」勃起不全を引き起こすことにもなりかねませんから、考えすぎてはいけません。

そんな中でどのようにEDの症状であるかそうでないかを判断するか、です。まず基準として、自分が正常に勃起していた時点を起点にしましょう。そして勃起に関するあらゆるシチュエーションを思いだし、以前は勃起していたが、今は勃起しなくなった、というケースを洗い出します。その上で、今自分がどのような状況にあるのかを書き出しましょう。病気の治療をしている、薬を飲んでいる、年を取っているなど、以前の自分とは異なる自分を浮き彫りにさせます。いうなれば、ひとつひとつ可能性をつぶしていく作業です。

中にはこういった人もいるでしょう。

・陰茎を膣に挿入することはできないが、刺激すれば勃起するし射精もできる。

・自慰なら勃起する

・勃起する時間が短くなったが挿入は可能

など、EDではないと判断したくなるようなあいまいな状況と言えますが、以前の自分と比べてどうでしょうか。昔の自分はそんなことなかったのではないですか?

以前で来ていたことができなくなった、満足な勃起ができなくなった時点で、EDの症状を疑って掛かったほうが良いです。EDとは言えないまでも、いずれEDとなる可能性の高い人々と言えます。EDになる場合、ある日突然そうなってしまうケース(性的トラウマによるショック)はまれで、ほとんどが徐々に進行していきます。EDになると朝立ちもなくなるかといったらそうではなく、朝立ちはレム睡眠時に起こる生理現象です。朝立ちはするのに、性交時に勃起しないケースもあり得るわけです。ですので朝立ちするかしないかでEDかそうではないかは判断できませんが、勃起をするための身体機能には異常はなく、精神的な部分にEDの原因を求める基準としては認められますから、機能性EDを疑った方がよいでしょう。ED治療薬の服用をオススメです。

カマグラの公式サイト