ホームページへ

カマグラの併用禁忌薬

カマグラの併用禁忌薬
カマグラは、アメリカから販売された勃起不全治療薬です。カマグラの成分はシルデナフィルという物質です。カマグラは化学物がある医療品なので、飲み合わせの悪い薬、いわゆるカマグラの併用禁忌薬があります。
カマグラの効果は、血管に作用して勃起不全を改善することです。勃起不全を治療以外は血流をよくして血圧を下げるにも効果があります。そのため、心臓などの循環器系の薬や血圧の薬と併用すると、薬が効きすぎて、逆に薬の効き目を打ち消す可能性があるので、カマグラの併用禁忌薬が多いです。
カマグラの併用禁忌薬の代表的なものは、塩酸アミオダロン、硝酸薬と一酸化窒素供与剤です。
塩酸アミオダロンは抗不整脈薬に使用されており、服用中止後も体に長く残るため、服用中は大丈夫ですが、服用を止めた時、すぐにカマグラを飲むのは危険です。この場合は必ず、医師に診察ください。
硝酸薬・一酸化窒素供与剤とは、狭心症の治療によく使われる薬です。カマグラには硝酸薬や一酸化窒素供与剤と同じような作用があるため、併用して服用すると過剰服用、いわゆるオーバードーズとなるので、併用禁忌薬に指定されています。
硝酸薬や一酸化窒素供与剤は、成分の種類の多さに加え、経口薬のほか吸入薬・貼り薬・塗り薬と数多くのがあります。そのため、狭心症で何らかの薬を投与されている場合には、硝酸薬か一酸化窒素供与剤である可能性が高いため、カマグラの服用にはご遠慮ください。

カマグラの公式サイト