ホームページへ

カマグラの副作用

カマグラの主成分はシルデナフィルですので、副作用もバイアグラと同じです。

血流量が増えるので、副作用としてめまい、顔のほてり、動悸があります。カマグラの主成分シルデナフィルは、陰茎の血流だけでなく身体全体の血流もよくする効果があるため、血圧が下がります。身体全体の血流がよくなるため顔の火照り、のぼせ、動悸が起こりやすくなります。日常生活でも、風呂上りやお酒を飲んだりすると血流がよくなることがありますが、それと似たような症状がカマグラの服用で起こる可能性があります。服用した約10%に現れる主な副作用の1つです。

頭痛も約10%に現れる副作用で、カマグラ(バイアグラジェネリック)の主成分であるシルデナフィルは血流をよくします。頭の血管が拡がることで血管拡張型頭痛がおこります。頭痛薬の併用や頭自体を冷やすことで軽減することがほとんどです。また、入浴は頭痛を悪化させるため控えたほうがいいでしょう。

他にも、お薬自体の副作用による鼻づまり、鼻水、消化不良から起こる腰背の筋肉痛があります。どれも薬を服用することで起こる一時的なもので症状は次第に治まります。

カマグラ(バイアグラジェネリック)を服用した1~2%の方に視覚異常が見られることがあります。カマグラの主成分シルデナフィルは勃起を抑えてしまう酵素PDE5(ホスホジセステラーゼ5)を阻害して陰茎部の末梢血管を拡張させます。このPDEには1~11まで存在しますが、網膜の細胞にはPDE6という酵素があり、カマグラの主成分シルデナフィルはこのPDE6も阻害することがあるため、視覚異常として青く物が見えたりといった副作用が1~2%の方に起こることがあります。薬剤による影響ですので薬の効果が切れるとともに消失します。視覚異常を起こした状態での車の運転は非常に危険ですので、カマグラの効果が切れるのをお待ちいただくか、副作用の少ないレビトラ、シアリスをお使いいただくようお勧めいたします。

カマグラの公式サイト