ホームページへ

edの原因

EDになってしまうEDの原因は人ぞれぞれと言っていいかもしれません。一口にEDとは言っても、その言葉だけに集約されえない、一人一人の人間の人生経験が、EDの原因のひとつとなっているわけですから。

とはいえ、大まかな原因は事故などの外傷、そして病気やその治療薬以外でいえば、日常生活、性交、加齢におけるEDの原因がほぼその大半を占めます。ここでは日常生活の問題はどのようにEDになるのかのメカニズムを明らかにすることで、それを回避し、EDの予防について、知識を得ていただきたいと思います。

日常生活とは仕事と家庭両方、日常的に生活しているフィールドと考えてください。そこにはありとあらゆるEDの危険因子が紛れ込んでいます。その因子とは、ストレスやショックです。仕事でいえば売上やミスなどへのプレッシャーや、上司への畏怖、下からの突き上げ、職場いじめ、長時間労働、タスクの多さなど、精神的なストレスがかかる場面はたくさんあります。それらの事象は一見EDとは関係なくても、仕事のことが気になりすぎてプライベートでもリラックスできない=セックスのことも考え付かないし、性欲もないなどの傾向へとシフトし、それがやがてEDとなって身体機能にまで影響を及ぼしてしまいます。家庭内のストレスも同じです。家族間のいざこざ、子どもの教育、子作りへのプレッシャーなどもやがてはEDの原因となります。

こうした家庭内外のストレスやショックは予防できる部分もあります。

たとえば、仕事では「がんばりすぎない」ことも大切です。自分をどこか客観的にみることのできる自分をイメージして、その自分を本当の自分と思い込みましょう。これ、案外効きます。ストレスを受け流すことが大切で、プレッシャーを受けているのは自分ではない自分と考えるのです。禅問答のようですが、これはある意味真理です。ED治療薬の利用はED治療の主流となっています。ED治療薬のご購入は必ず正規品ED治療薬通販をご利用ください。

カマグラの公式サイト