ホームページへ

edとは

ED勃起不全とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。

そのような言葉にすると、edとは、完全に勃起ができない状態、ととらえがちですが、実はそうではありません。勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性交ができない・・・と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。専門的には、EDとは「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

このようなed症状で、困ってしまうのは、何よりも満足いく性交が出来ないことです。自分一人の問題ではなく、大切なパートナーにも関わる問題ですから、勃起不全について知っておくことが必要でしょう。

1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えます。

ED治療薬バイアグラ・レビトラ・シアリスを服用しての治療が主流ですが、お値段は高く、有効成分はバイアグラと同じく、バイアグラのジェネリックカマグラは近年非常に人気的です。それぞれに特性があり、効能も様々です。ただし、狭心症や心筋梗塞の治療で硝酸薬を使用している場合は治療薬を併用して使用する事が禁止されていますので注意が必要です。

カマグラの公式サイト